ニンフィアいてもレパガッサ

ポケモンとかスロットのこととか

A0を達成したコントロールネクロ

シャドウバースでA0を達成したコントロールネクロです。

shadowverse-portal.com


 

コンセプトとしては今回目をつけたのは地獄の解放者+ウルズのコンボ。

ウルズ自体相手の進化に当てたり、自分のフォロワーに擬似的な回復ができとても優秀ですが今回はラストワードが多めに入っているネクロマンサーに採用することでその単体性能を引き上げようとした形です。

詰めの部分でもモルディカイウルズでイージーウィンできるのでとても強力です。

以下ある程度採用カードの解説です。

 

3×ソウルコンバージョン

ラストワード持ちに撃つと基本的にアドが取れるカードであり、コントロールの潤滑油。

ベルエンジェル、スカルウィドウに撃つと邪魂転生になります。

強引に有効牌を引っ張ってきたいときもあったので3枚。

序盤腐ることの多いカードですがこのデッキは中盤、終盤以降に活躍するため問題は特に感じませんでした。

 

1×ラビットネクロマンサー

3コスト域が少し薄いと感じたため採用。

本当はネクロエレメンタラー3枚だったのですが、もともと有利をとっていたロイヤル系統にも基本的にこちらが有利なゲームが多かったのでエレメンタラー2、ラビット1にしました。

ウルズと進化かソウルコンバージョンが残っていれば4点取れるのでいざというときにバーンで勝つプランもとれ、3/2というスタッツも魅力的でした。

 

2×腐の嵐

最初はロイヤルが流行っていたため3枚入れていましたが実はこのカードがロイヤルに対しての有効牌ではないということに気づき、終盤のロイヤル側の勝ち筋をシャットアウトするために使うと考え2枚に変更しました。

2枚だとミラーの死の祝福がつらいと思いましたが対戦していくうちに死の祝福を撃たれる場合点を詰められてのフィニッシュ要因か苦し紛れの時間稼ぎにしか使われないと感じたので困ることはなかったです。

 

3×ウルズ

今回のフィニッシュカード。

進化時5/5で自身の効果と合わせて場に残りやすいのとラストワード持ちとのシナジーが完璧だったため採用。

中盤の地獄の解放者に撃てば一気に8打点を生成しAOEもケアできる優れもの。

ソウルコンバージョンがあれば最大13打点を作ることができます。

終盤の詰めにも使えるため中盤以降では鬼の単体性能でした。

 

3×地獄の解放者

小さいモルディカイ。

後攻の場合4ターン目にこのカード進化させて使うことが多かったように思います。

ミラーにも強く先行4ターン目にプレイすれば相手の進化を誘発することができました。

 

2×悪戯なネクロマンサー

ロイヤル意識枠やソウルコンバージョンとのシナジーもあるカード。

後攻4ターン目に進化して有利になりたかったこともあり3枚欲しかったカードでもありましたが後半で進化を使い切ったときの単体性能に疑問を抱き2枚に留めました。

ロイヤルにも死の祝福まで耐えることが多かったのが減った要因でもあります。

 

3×死の祝福

実質ネクロマンス2守護持ち6/9を放つ化け物カード。

普通に6/6/6として使うこともあり、アグロやミッドレンジに対して蓋をしやすいカードです。

このカードもイージーウィンをしやすいカードです。

 

カードの単体性能も高く地獄の解放者→ウルズと割とやることも決まっているため初心者にも扱いやすいデッキだと思います。

初心者の方は動画や配信などで参考にしてからプレイするといいと思います。

それではここまで読んでいただきありがとうございました。