読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニンフィアいてもレパガッサ

ポケモンとかスロットのこととか

DMGP2ndで使った構築

今更ながらDMGP2ndで使った構築に関して紹介したいと思います。

まずリストから

 

『サソリスループ
4 x トレジャー・マップ
4 x 霞み妖精ジャスミン
1 x ダンディ・ナスオ
1 x 獣王の手甲
4 x 天真妖精オチャッピィ
4 x 雪精 ジャーベル
2 x S級原始 サンマッド
2 x アラゴト・ムスビ
1 x 曲芸メイド・リン・ララバイ
1 x 掘師の銀
3 x 古龍遺跡エウル=ブッカ
3 x 龍覇 マリニャン
1 x 次元流の豪力
1 x 侵革目 パラスラプト
4 x 龍覇 サソリス
2 x 革命目 ギョギョウ
1 x 鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス
1 x 光牙忍ハヤブサマル


1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
2 x 邪帝斧 ボアロアックス/邪帝遺跡 ボアロパゴス/我臥牙 ヴェロキボアロス
1 x 無敵剣 プロト・ギガハート/最強龍 オウギンガ・ゼロ
1 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ/遺跡類神秘目 レジル=エウル=ブッカ

 

【構築経緯】

DMGPでは予選8回戦で7-1以上をしないと予選をあがれないことから安定感のあるデッキが予選をあがれるのではないかと考えました。

今の環境での上位構築はモルネク、アナデッド、バイク、サソリスの4つであると踏み、その中でも非常に安定感があるサソリスを握ることを2、3週間前決めプレイすることに。

最初はカナタに教えてもらったバロンゴーヤマ、ブルーザークヌーギーを絡める最速龍解を目指す構築でしたが、ブルーザークヌーギーが盾落ちした際にあまりに弱かったので、テンプレートな形に戻して回していきました。

これで出ようと決めていたときに若干数いそうな天門、刃鬼といった受けを強くしたデッキや赤侵略のクロックが弊害となっていたところ、こちらの004氏の【デッキ】緑単サソリス - デュエルマスターズ DMvaultをみつけこれを参考に回してみます。

004氏のリストは比較的ループメインですが、私は殴るサソリス+サブルートとしてのループという考えでこのリストまでたどり着きました。

 

【採用カード解説】

基盤のカード解説は省きます。

「2 x S級原始 サンマッド」

3枚がループ型だと主流だと思われます。

今回は枠の都合上2枚ですが、3枚のほうがいいかと思われます。

というのも盾にあっても山にあっても強い札であるので、多くて3枚。4枚は悪い言い方をすればやりすぎ、いい言い方をすればトップで腐りやすいと考えています。

 

「1 x 掘師の銀、2 x 革命目 ギョギョウ」

このギョギョウとスコップorラグマは2種類で1セットと考えているのでこのような形にしました。

スコップ自体は無限ブーストループと山札無限回収ループの際にサンマッドが2枚あれば相手の盤面を枯らしにいけます。

ギョギョウは当初3枚でしたが、殴り方で対策されて辛かったのと進化なので邪魔になる場面が多々発生してしまい、最低限引き込みやすく1枚盾落ちしてもいいように2枚となりました。

ギョギョウのスペックの高さは評価できますが、最近では対策されつつあるのでここは要検討枠であると感じました。

 

「3 x 古龍遺跡エウル=ブッカ」

踏ませたら最強のカードなのはもちろん、最近の赤黒侵略はギアトリッパーorエンターテイナーという盤面を築きあげてくるのでそこを崩すしやすくするためにも採用しました。

このカードの圧力はものすごく盾が強いしぐさをみせると相手がジャスキル+2打点を心がけて作ってくることが多かったです。

その間にこちらが龍解の準備をすることができ非常に重宝しました。

 

3 x 龍覇 マリニャン

エウルブッカ築城が主な役割ですがSA生成、クリーチャー1体を止める、安心してギョギョウを建てたいときになど役割はなんだかんだ多いです。が、しかし、器用貧乏と言う言葉が似合っていると思います。

エウルブッカを2枚採用している構築であればマリニャン4積みもありだとは思いますが、今回は1枚なので3にしています。

 

1 x 侵革目 パラスラプト

ハンデス系統に対して圧力をかけられるカードですが、今回ハンデスの母数自体少ないと考えて、1枚に留めておきました。

マナに送る効果に目が行きがちですが、相手の攻撃を耐えてからの盾2以下の能力が非常に強力であり、逆転をメイクしてくれるカードでもあります。

ジャーベル、トレマで山札をぐるぐるするので本当に欲しいときにあればいいなと考えて1枚にしました。

 

1 x 鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス、1 x 光牙忍ハヤブサマル

序盤はノイズになりやすいカードたちですがキリューはループしない際のゴリ押しプランとして必要であり、ハヤブサマルは低コスト域で1体止めれてボアロとの相性が抜群なので採用。

2枚とも試合が長引くほど強くなっていくカードであると思います。

 

1 x 無敵剣 プロト・ギガハート/最強龍 オウギンガ・ゼロ

ここは2枚目のエウルブッカと非常に悩みました。

しかし前情報によると「DMGPでは環境外のデッキにも当たる可能性がある」と聴き、自慢のサソリスメタカードの踏み倒しメタカードを逆手に取るために採用しました。

結果として自慢のカード入りには当たりませんでしたが、殴る際に「消されない確実な1点」という点がものすごく強かったです

 

【採用を見送ったカード】

・ギガホーン

6コスト域の行動保証をしてくれますが環境の高速化が進んでいるので果たして相手が1ターン待ってくれるかと言われると答えはノーであると思います。

強力なカードではありますが、ジャーベルで試行回数を稼いだほうが強いので見送りました。

 

・チャケ

モルトネクストに対してワンショットを許さないくらいで赤侵略には封印されるわ、遂行対象のモルネクにも閣建てられて詰められて負けるビジョンしかみえなかったので、気合いの全切りをしました。

これは正解でほぼバニラレベルのカードを採用せずに他に枠を割けたのが非常に大きかったと思います。

 

・陰陽の舞

龍解のためだけのカードであり最悪レベルのノイズであるため採用はしませんでした。

デメリット効果でマナを削るのもいただけないと感じます。

 

・革命の巨石

モルネクのワンショットを止めれますが、ドキンダムに通らないと言う点が好きになれませんでした。

それと呪文がノイズになりやすいこのデッキに使ったらまたデッキにノイズが戻ってしまうのが非常にネックであると思います。

どうしても単マグナムが重い際に採用ワンチャン程度かなあと。

 

・未来設計図

このカード自体強いのですが、枠がありませんでした。

あけるならギョギョウの枠だと思います。

試してみたいカードの1つなので今後使用感がよければ採用しようかと。

 

【各アーキタイプへのプレイ】

・赤侵略

最近ではギョギョウ意識で2点止めされることが多いのでギョギョウでの詰めを狙わずにボアロ展開し、お茶やトリガーブッカでカウンターすることが多いです。

単マグナム入りも序盤は相手ギアマグナムの返しにブッカ手打ちで返せばいいです。

相手のクリーチャーの除去をマナ送りに頼っており、長引けば長引くほどマグナムバイクで足元をすくわれることがあるので、早期決着が望ましいです。

 

・モルネク

不利対面だと思います。

もちろん、マナにしっかりとスコップがあり最速ギョギョウできれば有利対面ですが、毎試合そんなことはできません。

ジャクポ型にはジャスキルで突っ込む勢いでいっていいかと思いますが、カウンターの場合はなるべくループか殴る際に複数枚ギョギョウを建てながら殴っていきましょう。

 

・アナデッド、黒単、青黒ハンデス

ハンドキープといかにエウルブッカを建てられるかの勝負です。

エウルブッカを建ててジャーベル、トレマ、サソリス待ちをしましょう。

 

・イメン

ぶん回ったもん勝ち感があります。

クロックが入っていない構築が多いのでお茶サンマッド、吸い込むに気をつけながら殴っていけばいいかと思います。

 

・サソリス

ぶん回ったもん勝ちです。

ミラーマッチが不毛ですがここは力量もあると思いますので、先の展開を考えながら慎重なプレイを心がけましょう。

 

・ベアフガン

ほとんど無理です。切っている構築なので当たったら嘆きましょう。

 

・ドギラゴン剣

先攻をもらってンババ1点の際にお茶からのギョギョウで詰みです。

それ以外は踏んでもらわないと厳しいです。

 

・白単天門、天門ループ

白単天門の場合はギョギョウ展開、天門ループの場合はエウル建てたあとにサソリスが理想かと思います。

白単天門には有利ですが、天門ループは展開次第です。

 

・マークロループ

互角であると思います。

ループを先に決めるか、盾のRevタイマン、水天秤の枚数で勝敗が決まると言っても過言ではないです。

 

・黒赤デッドゾーン

最近主流の型は解体が抜けており戦いやすいです。

ボアロをたててしまえば勝ちなのでわざと自分の盤面を処理させて相手のハンドを枯らしていきましょう。

 

・白単ルネッサンス

1コス軸は厳しいですが、それ以外には有利です。

ギョギョウがまったくもって効かないのでボアロをいかに早く建てるかの勝負になります。

 

以上で解説を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

質問がございましたらコメント欄、またはツイッターにリプを飛ばしていただければ私が答えられる範囲内でお答えします。