ニンフィアいてもレパガッサ

ポケモンとかスロットのこととか

DMに対する意識の向上

DM自体はもう5年近くやっておりいまだに1度しか入賞していない。

というのも自分自身「負けてもいいや。」、「どうせ次がある。」などといった考えで対戦していたことが少なからずあったかと思う。

別にdisというわけではないが現時点での周りの環境が生ぬるくそれに対し妥協して、DMをするのはもうやめようと考えた。

プレイヤーを3分割するとファンデッカー、カジュアル、トーナメントと分かれる。

"ファンデッカー"は対戦の勝敗を気にせず、ファンデッキで楽しく対戦するプレイヤー。

"カジュアル"はトップメタのデッキを所持しているがCSなどでの交流をメインとしているプレイヤー。

"トーナメント"は勝利に執拗に固執し、勝ちに対しての貪欲さを持つプレイヤー。

と私は勝手ながら位置付けている。

私はその中でも今まではカジュアルプレイヤーであった。

しかし、交流も楽しいが、対戦の面白さを知ってしまった以上もうカジュアルには戻れないと思う。

というわけで次回の仙台CSまでにプレイの向上、デッキ構築力を磨いていくことにした。