ニンフィアいてもレパガッサ

ポケモンとかスロットのこととか

庄内のいろいろと解説

まず使用予定だったもの
『ヒラメキスネーク』

1 x スパイラル・ゲート
4 x 月光電人オボロカゲロウ
4 x ヒラメキ・プログラム
4 x 黙示賢者ソルハバキ
1 x ダイヤモンド・ソード
4 x 予言者プロキオン
4 x 光姫聖霊ガブリエラ
1 x 瞬封の使徒サグラダ・ファミリア
4 x ロジック・サークル
1 x 福腹人形コダマンマ
2 x 阿弥陀ハンド
1 x デビル・ドレーン
3 x 偽りの名 スネーク
2 x 墓守の鐘 ベルリン
4 x 魔光騎聖ブラッディ・シャドウ

ドレーンがないとだのローランヒラメキできないだのいろいろ言われて消えていったヒラスネ
去年の庄内CSと下町CSの動画を暇つぶしに見ていたら思いついた
ロジックサークルで引っ張ってドレーン7コス踏み倒しヒラメキといった具合にローランヒラメキがしづらくなったものの4ターン目で動ける
これは当時刃鬼3がベスト4入りし、東北で最近多いビックマナ系統をボコるために使おうと考えていた
しかし使わなかった点としては
プロキオンが手に入らなかった
なので使えませんでした
実際ぶっ刺さりでしたので選択としてはありでしたね


『シータ刃鬼』

4 x フェアリー・ライフ
4 x ピクシー・ライフ
1 x 再誕の社
1 x セブンス・タワー
3 x 超次元フェアリー・ホール
2 x 爆進イントゥ・ザ・ワイルド
2 x パクリオ
4 x ドンドン吸い込むナウ
1 x 蒼狼の始祖アマテラス
2 x 龍素記号Sr スペルサイクリカ
2 x 不知火グレンマル
2 x 永遠のリュウセイ・カイザー
4 x 不敗のダイハード・リュウセイ
4 x フェアリー・シャワー
1 x ボルバルザーク・エクス
2 x 「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」
1 x 「智」の頂 レディオ・ローゼス
2 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
2 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x タイタンの大地ジオ・ザ・マン/貪欲バリバリ・パックンガー
1 x 魂の大番長「四つ牙」/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ
1 x サンダー・ティーガー/雷獣ヴォルグ・ティーガー


というわけでヒラスネが使えないので目には目を歯には歯を精神で刃鬼をチョイス
当初はスパヒやら御剣やら聖地でモルト系統をメタっていたがそれではどうしても上からホールやモルトでゴリゴリ削られて負けていたのでフェアリーホールで速度を追いつけようとしたためです
今回フェアホ入り刃鬼を使用したが理由としては
・四つ牙でモルトの速度に追いつける
・同型のキルキルやザマンの強さ
・3ターン目の吸い込むから展開しても強いカード
などから採用しました
まず「モルトの速度に追いつく」というのはライフシャワーフェアホ四つ牙をすると次のターン四つ牙効果でマナが8になります
この8というのが重要で永遠不敗の圏内です
横に8コスをおくことにより相手は四つ牙の処理をおろそかにします
それで自然とマナが増えていくといった感じです
要は8を処理させるようにして後手に回していこうという意味ですね

「同型のキルキルザマンの強さ」は説明ほぼ不要ですね
キルキルの圧力の高さザマンによる回収能力の高さですね
ビマナの突然のキルキルの恐ろしさは使用者はわかると思います

「3ターン目の吸い込むから展開しても強いカード」はライフ吸い込むから繋ぎやすいカードとしてですね
どうしても吸い込むから展開しないとなあという場面でシャワーかフェアホで択が作れるのは強いと思います

なぜダイハード4なのかというのはシータにしてしまうと守りが薄くなりやすいのをカバーするためです
またモルトなどのビートは主に除去を破壊に頼っているためダイハードで1ターンは稼げると踏んだわけです

ドミティウスどうすんの?と身内間で前日に話していましたが1年ほど前の「流行り始める前のメルゲループ」のようなものであると思い、使用者は極めて低いと踏みました
というのもメルゲループ出始めの頃も研究が進んでおらず使用者はかなり少なく構築の結論が出るにつれて使用者が増えていったように感じます
1週間で実際に回して結論に近い形にするのは無理だと踏み対策を切りました

今のこの環境のCSを仮にも出る際にはもう刃鬼は握れないかなあって思いました
ドミティウスの研究が進むにつれてビックマナが厳しくなっていくのでちょっとなあといったところですね
次出るならヒラスネ一択ですね
ドミティウスより早くキルできるので使いたいです