ニンフィアいてもレパガッサ

ポケモンとかスロットのこととか

TOP記事

 

はじめましてみなもと申します

主にポケモンについての記事を書いていこうと思います

 

 

~XY使用構築~

黒炎舞踊≠循環

f:id:pocky18782:20141129234656p:plainf:id:pocky18782:20141129234652p:plainf:id:pocky18782:20141129234632p:plainf:id:pocky18782:20141129234645p:plainf:id:pocky18782:20141129234701p:plainf:id:pocky18782:20141129234649p:plain

(XYシーズン2レート2103) 

 

空間変化害悪親子祭

f:id:pocky18782:20141129234652p:plainf:id:pocky18782:20141129234908p:plainf:id:pocky18782:20141129234701p:plainf:id:pocky18782:20141129234912p:plainf:id:pocky18782:20141129234649p:plainf:id:pocky18782:20141129234916p:plain

(XYシーズン3レート1995、第5回ニコ生杯ブロックベスト4)

 

ひめゴトスタン

f:id:pocky18782:20141129235053p:plainf:id:pocky18782:20141129235056p:plainf:id:pocky18782:20141129235109p:plainf:id:pocky18782:20141129235114p:plainf:id:pocky18782:20141201230809p:plainf:id:pocky18782:20141129234649p:plain

(XYシーズン5レート1992)

 

~ORAS使用構築~

ガルクレセローブ

f:id:pocky18782:20141129234652p:plainf:id:pocky18782:20141129234701p:plainf:id:pocky18782:20141129235053p:plainf:id:pocky18782:20141129234649p:plainf:id:pocky18782:20150223143517p:plainf:id:pocky18782:20150223143526p:plain

(第7回マサムネオフ3位)

 

~DM構築~

第5回仙台CS使用5色キューブ

 (第5回仙台CSチーム4位)

第2回庄内CS使用フェアホ刃鬼

(第2回庄内CS決勝T一回戦落ち) 

 

また何か質問等あればツイッター@minamo_pokeまで

3DSフレコ:5000-2594-9692

X:おぐらゆい♡ Y:OguraYui AS:おぐらゆい

カバルドン使えなかった

f:id:pocky18782:20141114002227g:plainf:id:pocky18782:20141101193253g:plain

f:id:pocky18782:20170605012755g:plainf:id:pocky18782:20170605013023g:plain

f:id:pocky18782:20170605013218g:plainf:id:pocky18782:20141101194637g:plain

 

真皇杯東北サンダースブロック3-3

やられた

 

レジェンド達成しました

S37にて初レジェンド達成しました!

 新環境だしやってみるかという軽い気持ちでスタートして終了の1週間前くらいにランク3になり、ワンチャンあると思って本気で目指して最終日1日前の朝にレジェ行きました。

最初はミッドパラを使っててあまりしっくりこず、某動画でアグロマロパラを見つけて使い始めました。

普通のリストにテックカードとして恩寵2と自由枠1としました。

恩寵はランク1~3帯で発見メイジがかなり多かったので細かいミニオン展開→大量ドローのムーブを決めるために採用。

残り1枚は終末へのメタとしてのイカレた錬金術師や海賊相手にアドを取るゴラッカクローラー、メイジへのメタとしての秘策喰いなんかも採用しましたが、数少ないバーストと横展開への対応も込みでの聖別か常在効果が流行っていたのでスペルブレイカーがベターだと思いました。

 

自分へのメモとして各マッチアップの相性を書いておきます。

挑発ウォリ:微有利

海賊ウォリ:微不利~5分

発見メイジ:微有利

ミッドハンター:5分~微有利

アグロドルイド:微不利

クリスタルローグ:有利

ミラクルローグ:有利

ドラプリ:5分~微不利

エレメンタルシャーマン:不利

ミラー:5分(割と先行が有利)

東北シングルフェスタで予選抜けた構築

おそらく使わないので公開します。

f:id:pocky18782:20141129024650g:plainf:id:pocky18782:20141109220102g:plain

f:id:pocky18782:20170222155257p:plainf:id:pocky18782:20141109220132g:plain

f:id:pocky18782:20141109220305g:plainf:id:pocky18782:20170222155248p:plain

 【構築経緯】

7世代はわりと考え方が5世代に似ているという意見が多く、(積みストッパーであったファイアロー、猫不意ガルーラなどの弱体化がおそらく原因)だったら積みサイクルがつえーじゃんというところから構築を組み始めました。

またカプテテフというポケモンを自分が使った際に鋼を強烈に誘うため動かしづらく、だったら鋼を強烈に誘う特性だけをいかしてエスパーが通りやすそうな構築にしか出さないように心がければいいじゃないかと考えました。

積みポケモンたちはあっさりと決まりましたがステロ展開の始点に悩まされました。

僕が考えていた条件としては

・初手のテテフに弱くない

・起点回避技を持っている

・ある程度の削りを期待できる

といった3点を重視していました。

なにか参考になるものがないかと5世代の記事を漁りまくったところ昔よく使用していたドリュウズ入りの積みサイクルを発見し、フェアリー環境でドリュウズ強くない???と思い試運転してみた結果条件にぴったりだったので採用しました。

 

以下採用順です。

f:id:pocky18782:20141109220132g:plain

パルシェン@†王者の印†

137-161-200-*-65-111

氷柱針/ロックブラスト/氷の礫/殻を破る

調整はAぶっぱSを準速スカーフテテフ抜きまで抑え、残りをHといった感じです。

ウルガモスを採用してるので全体的にポリゴン2にあやしかったのとオタクサイクルを操るオタクを崩すために最強のアイテムを持たせました。

要所要所で発動してくれたためよかったです。

 

f:id:pocky18782:20141109220102g:plain

ウルガモス@エスパーZ(炎の体)

161-*-85-205-125-152

火炎放射/虫のさざめき/サイコキネシス/蝶の舞

ただのCSぶっぱ。

パルシェンの相棒といえばウルガモスというのが古からの言い伝えなので採用。

技構成は短期決戦で技を外したくなかったという消極的な理由で火炎放射。

身代わりに通る虫のさざめき、通りがよくて暴風とは違って連打できるサイコキネシス

サイキネZはあまり撃っていないが通りがいいのとサイキネ単体で使っても強かったので技構成はこれで申し分なかったです。

 

f:id:pocky18782:20170222155257p:plain

カプ・テテフこだわりスカーフ

145-*-95-200-136-147

サイコキネシス/サイコショック/ムーンフォース/気合球

ただの選出誘導枠。

テッカグヤギルガルドなどの鋼枠を誘ってウルガモスで舞うための採用。

選出誘導枠とはいってもステロからの抜き性能を考えてスカーフにしました。

技構成に関してはいろいろ議論されますがどうせエスパー技とムンフォ以外ほとんど撃たないので割りと雑に決めました。

サイコショックは瞑想を絡めてくるポケモンへの解答としてです

めざ炎があるなら気合球の枠にいれますが地面でツモってしまったので、気持ちナットレイへの有効打として気合球を採用しています。

 

f:id:pocky18782:20141129024650g:plain

ボーマンダ@メガ

171-216-150-*-110-172

捨て身タックル/地震/羽休め/竜の舞

 

初手にステロ要員を置いた際にガルーラに仕事をさせらず処理されるのが嫌だったため地震の引き先としての採用です。

技構成に関しては火力重視の捨て身と広範囲に撃ち分けできるように地震、起点構築なので竜舞まで確定で捨て身のデメリットの反動を消すための羽休め。

ガルーラ入りに選出したり、飛行のとおりがいいパーティーやパルシェンが出せそうにないパーティーにだすのがメインです。

 

f:id:pocky18782:20170222155248p:plain

ミミッキュ@フェアリーZ

131-156-100-*-125-148

じゃれつく/シャドークロー/影打ち/剣の舞

 

展開構築と当たったときを考え、ストッパー役を担ってもらいました。

基本的には出さないことが多いですが、天候系やクレセドランに対しての駒であります。

積みエースとしては考えておらずどちらかというとストップ性能のあり積みで崩しに行けるという考えです。

展開構築もパルシェン入りが多く予選本選通して出していないので要考察枠だと思いました。

 

f:id:pocky18782:20141109220305g:plain

ドリュウズ@気合の襷(型破り)

185-187-80-*-86-154

地震/岩石封じ/アイアンヘッド/ステルスロック

 

今回の始点ですが最後に入ってきたポケモンです。

ガブリアスマンムーで回していましたが、ガブリアスの場合初手マンムーやテテフが厳しく、マンムーの場合は封じでスカーフテテフが抜けないので没となりました。

またドリュウズのメリットとしてはミミッキュテテフといったフェアリー勢に強く削りの仕事もこなせ、型破りのおかげで浮遊持ちにも地震で削りにいけるという点があります。

デメリットとしては起点回避の技が封じしかないため壁パルシェンに破られるとゲームが終わってしまいます。

 

【選出】

ドリュウズ+ウルガモス+パルシェン

基本選出。

ガルーラ入り以外には基本的にこれで闘います。

 

ドリュウズ+ボーマンダ+ウルガモスorパルシェン

ガルーラ入りにはこれで対応していきます

 

ドリュウズ+テテフ+@1

鋼がいない際にはステロスカーフテテフで崩しにいきます

 

【総括】

ドリュウズを基本的に初手に出し、削るかステロを撒くかの判断をしっかりとすることが大事だと感じました。

それと今回ミミッキュとテテフにあまり役割を与えられなかったのが欠陥かなあと。

キツイと感じる構築がガルーラ入り、コケコ入り、壁構築、ドヒドイデ入りの受けループです。

積みサイクルを初めて使いましたが運に助けられた場面も多く、もう少し理解度を高めていきたいです。

 

【参考】

イケメン(従)兄弟のポケモン対戦考察とか |カバドリ入り積み技サイクル@第24回シングル厨のつどい使用

【ポケモンORAS】最終レート2185シーズン7使用構築【まひるみ積サイクル】:チシャねこのブロマガ - ブロマガ

積みサイクルについて - ぼんさいの気まぐれメモ

今更ながら仙台CSで握ったサソリスのリストと解説

1月7日のあった仙台CSに参加してきました。

結果は個人3-2のチーム2-3

個人はしょうもないプレミをしてそれが響いて負けた対戦が一回あったくらいなのでポテンシャルは高いを思いました。

以下リストです。

 

『懐かしのキリュー入りサソリス』
4 x トレジャー・マップ
4 x 霞み妖精ジャスミン
1 x ダンディ・ナスオ
4 x 天真妖精オチャッピィ
4 x 雪精 ジャーベル
3 x S級原始 サンマッド
1 x アラゴト・ムスビ
1 x 掘師の銀
1 x バロン・ゴーヤマ
4 x 古龍遺跡エウル=ブッカ
4 x 龍覇 マリニャン
4 x 龍覇 サソリス
3 x 革命目 ギョギョウ
1 x 光牙忍ハヤブサマル
1 x 鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス


1 x 邪帝斧 ボアロアックス/邪帝遺跡 ボアロパゴス/我臥牙 ヴェロキボアロス
1 x 龍魂遺跡 グリーネ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂要塞 ブルニカ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂宮殿 ブラックロ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ/遺跡類神秘目 レジル=エウル=ブッカ
1 x 無敵剣 プロト・ギガハート/最強龍 オウギンガ・ゼロ

 

必須枠

4 x トレジャー・マップ

4 x 霞み妖精ジャスミン

4 x 天真妖精オチャッピィ
4 x 雪精 ジャーベル

4 x 古龍遺跡エウル=ブッカ

4 x 龍覇 サソリス

1 x バロン・ゴーヤマ

1 x 邪帝斧 ボアロアックス/邪帝遺跡 ボアロパゴス/我臥牙 ヴェロキボアロス
1 x 龍魂遺跡 グリーネ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂要塞 ブルニカ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂宮殿 ブラックロ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ/遺跡類神秘目 レジル=エウル=ブッカ

 

まず自分でサソリスの必須枠を決めて構築を組み始めました。

今回はバロンゴーヤマを必須枠として採用にいたりました。

というのも次元流の豪力が殿堂してしまったのが痛く龍解パターンを増やすための採用です。

次元は環境内にコンセプトのボアロアックス、バスターが多いことから禁断開放ループをするためのオルオバセット、ループをするためのエウルブッカ1までは必須枠であると考えていました。

 

自分では必須ではないけども採用したカードたちです。

 

1 x ダンディ・ナスオ

序盤に事故ったときに最悪ナスオ→お茶の動きやギョギョウを建てる前にマナを強くするためのパーツです。

禁断開放ループのときにナスオがあるのとないのとではループまでの速度が変わってしまうために採用しました。

禁断開放ループをするのであれば必須に近いと思っています。

 

3 x S級原始 サンマッド

最初期は2枚での採用でしたが受けの強さ、ボードを取る際に役立つ、ループパーツであまり盾に落ちてほしくないので3枚にしました。

4枚では腐りやすくなり2枚では欲しい場面が多々あったので3枚が丁度いいかと思います。

 

1 x アラゴト・ムスビ

今回のメインルートが殴ることなので2枚ではなく1枚での採用になりました。

余った1枠はギョギョウにして詰めの性能を上げました。

ループパーツ兼龍解要員です。

 

1 x 掘師の銀

3 x 革命目 ギョギョウ

ここは前のサソリスでの解説の通り2枚で1セットと考えています。

バスター系統、ドルマゲドンデッドゾーンモルトNEXTへの足止めです。

最初はラグマールも入れて詰め性能を上げていましたが、ループへの糸口であるマリニャンを増やしたいがために泣く泣く非採用にしました。

ギョギョウがないと勝ちづらいマッチアップが増えてしまい3枚まで増やしました。

4枚もありだなあとは考えていましたが、トップデックの弱さを気にして4枚はやめました。

 

4 x 龍覇 マリニャン

ずっと3枚で回してきましたが対ジョバンニ、バスター、ドルマゲドンデッドゾーンに対しての有効牌であるということに気づき、枚数を4枚に増やしました。

4枚にしたことで次元流の豪力が消えた後も龍解しやすくなりましたし、縁の下の力持ちのような存在だと思っています。

 

1 x 光牙忍ハヤブサマル

相手のジャスキルを止めにいくカードです。

ボアロパゴスとの相性もよく、NSハヤブサマル→パゴス効果アラゴトムスビで2体とめることがとにかく優秀です。

 

1 x 鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス

ドルマゲドンデッドゾーンとのマッチアップを複数回行った際に相手のハンドが切れやすくブラックサイコが最初のアタック以外はほとんど飛んでこないところに着目し、最初のアタックのギョギョウでボードを取り返してしまえば相手側は禁断開放するしかなくなります。

ドルマゲドンになって殴ってきた次のターンにサソリスマリニャンレッドゥルキリューでドルマゲドンに3回殴ってゲームセットというプランを思いつきました。

これが思った以上に決まったために採用にいたりました。

 

1 x 無敵剣 プロト・ギガハート/最強龍 オウギンガ・ゼロ

バスター側も吸い込むを搭載してシステムクリーチャーへの耐性をつけ始めてきました。

それに対してプロトギガハートは非常に刺さりがいいと思い採用にいたりました。

踏み倒しメタではなくギョギョウを簡単に処理させず、殴る際にも安心の1点としてでもあります。

 

各マッチアップ

 

対5cバスター

簡単に言ってしまえばジャスミンジャーベルからマリニャンプロトギガハートギョギョウサソリスです。

5マナのときのマリニャンプロトギガハートがとにかく強く、剥がしてきたら龍解の種にし、剥がされなかったらギョギョウを建てて相手のキルスピードを落としにいきます。

5cタイプは序盤のボードを割りと捨てているので、ギョギョウは刺さります。

できればマリニャンプレイまでは魔狼警戒でハンド4枚を保っていきたいところです。

 

対デアリバスター

解体プレイ、トリガーの有無もあるとおもいますが、基本的には2体(1枚は3コスのクリーチャー)とエウルブッカを並べてジャスキルを狙うのが得策だと思います。

このマッチアップはトリガーや相手が最速ジャスキルかなど割と運の要素が高いので相手のプレイ次第だと思います。

 

対ミラー

次元のエウルブッカを先に出してボアロパゴスにしたほうが勝ちます。

と簡単にいいましたがこのマッチアップではとにかくサソリス、ギョギョウ、呪文のエウルブッカ、マリニャンがゲームの勝敗を分けます。

サソリスを出したターンに龍解しづらくなったのでエウルブッカを当てて龍解を阻止しましょう。

 

対ジョバンニ

全力でエウルブッカを建てにいき必ずハンドにジャーベルを握りこみましょう。

サンマッドでボードの3コスクリーチャーはすべてマナに変換できるのでそこまできついマッチアップではないと思います。

 

ドルマゲドンデッド

キリューの項でも書きましたがギョギョウを建ててドルマゲドンにさせて3回殴るゲームです。

割と相手のトリガー次第です。

 

モルトNEXT

お互いに厳しいと感じているマッチアップだと思います。

最速スクランブルチェンジモルトNEXTハートバーン以外はギョギョウで詰めにいきましょう。

 

 

バトルツリー100連勝パーティー

BPを稼ぐ施設のバトルツリー。

「サンムーンでは難易度が上がった」といった声もよく聞くので荒稼ぎしてるパーティーを紹介します。

 

f:id:pocky18782:20160518034727g:plain

ガルーラ@メガストーン

意地っ張りAS

猫騙し/捨て身タックル/地震/不意打ち

 

極端な出し負けがほとんどないです。

初手に置きやすいポケモンでバトルツリーにおいて高速格闘タイプとほとんど対面しなかったのでかなり強いです。

1:1以上は確実に取ってくれるのがでかいです。

 

f:id:pocky18782:20160518034716g:plain

ガブリアス@ドラゴンZ

陽気ASぶっぱ

逆鱗/地震/岩石封じ/剣の舞

 

最初は気合いの襷での運用でしたがバトルツリーのような33シングルにおいて裏が全く読めず逆鱗を撃った際に負ける可能性が出てくるのは得策ではないです。

相手のポケモンが火力に乏しいと推測される場合は剣の舞を積んで全抜きを狙いにいったりします。

 

f:id:pocky18782:20161226045734p:plain

テッカグヤ@突撃チョッキ

勇敢のテンプレート

ヘビーボンバー/地震/エナジーボール/火炎放射

 

グーグルで「テッカグヤ チョッキ」と検索すれば出てくる配分です。

配分を書くのが面倒なので今回は割愛します。

ガブリアスが苦手な氷、ドラゴンに対して繰り出す駒です。

ツリーの氷タイプがツンベアーくらいしか物理がいないので安定して受けだしできます。

 

 

立ち回りとしてはガルーラで1:1以上を取ってガブリアスを投げて剣の舞か逆鱗Z2体持っていくのが主な立ち回りです。

稀にガルーラで1体もっていった後に6、7割削ってテッカグヤでビーストブーストを狙いに行く立ち回りもします。

数的有利を取れないと負けるのでなにがなんでも数的有利は取りましょう。

 

風船を見逃さない限りはポチポチゲームになると思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

解散

f:id:pocky18782:20161226045519p:plainf:id:pocky18782:20161226045528p:plain
f:id:pocky18782:20161226045539p:plainf:id:pocky18782:20161226045723p:plain
f:id:pocky18782:20161226045734p:plainf:id:pocky18782:20161226045742p:plain
シーズン序盤に色々模索してやっと辿り着いた構築。
割りと1発芸感があるレヒレメインだったが周知度があがり警戒されやすくなったので公開。
マンダマンムーが増えギャラドスも増えたのが向かい風。
一応1930付近まで行ったが初手蜻蛉持ちコケコ+メガギャラドスとトンボるチェンに解答が出せなかった。

ボーマンダ@メガ
191-171-104-×-110-150
捨て身/地震/羽/竜舞

マンムー@チョッキ
185-195-100-×-110-107
地震/氷柱針/礫/地割れ

カプ・コケコ@電気Z
CS残りD
10万/マジシャ/ボルチェン/電磁波

カプ・レヒレ@カプZ
HB残りS4
波乗り/ムンフォ/自然の怒り/挑発

ゲンガー@メガ
143-×-80-175-95-178
祟り目/ヘド爆/鬼火/道連れ

テッカグヤ@残飯
191-×-170-128-130-86
ラスカノ/放射/宿り木/守る

全体的に積みに弱いのがいけなかった。
それとテッカグヤの型が最適解ではない。
恐らくヘビーボンバーを搭載したほうが強い。